5.コンテンツの作成

ウェブページに表示する内容をコンテンツと呼びます。
コンテンツはHTMLタグの

に記述します。

記述例

記事のタイトルと内容を記述します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>DEMO SITE</title>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">
</head>
<body>

真夏のひまわり畑

森の工房の隣にある畑は、毎年夏になると満開のひまわりの花で黄色く染まります。ひまわりは「日輪草」とも呼ばれ、太陽に向かって花を咲かせます。大きなひまわりは背丈が2メートルを超え、見ごたえも十分です。畑の周囲は約5キロの散策コースになっていますので、花を見ながら散歩をするのもおすすめです。

太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりの種は、冬の間の野鳥のえさになります。また、ひまわり油も抽出し、料理やお菓子作りに活用されています。ひまわりの種を香ばしくローストしたクッキーも人気商品です。

</body>
</html>

マークアップする

記事タイトル(見出し)

記事タイトルは見出しタグh1を使います。


真夏のひまわり畑

段落

段落はpを使います。文章ごとにまとまりができて改行を入れた形になります。


森の工房の隣にある畑は、毎年夏になると満開のひまわりの花で黄色く染まります。ひまわりは「日輪草」とも呼ばれ、太陽に向かって花を咲かせます。大きなひまわりは背丈が2メートルを超え、見ごたえも十分です。畑の周囲は約5キロの散策コースになっていますので、花を見ながら散歩をするのもおすすめです。

太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりの種は、冬の間の野鳥のえさになります。また、ひまわり油も抽出し、料理やお菓子作りに活用されています。ひまわりの種を香ばしくローストしたクッキーも人気商品です。

コンテンツの完成

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>DEMO SITE</title>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">
</head>
<body>
 
<h1>真夏のひまわり畑</h1>
 
<p>森の工房の隣にある畑は、毎年夏になると満開のひまわりの花で黄色く染まります。ひまわりは「日輪草」とも呼ばれ、太陽に向かって花を咲かせます。大きなひまわりは背丈が2メートルを超え、見ごたえも十分です。畑の周囲は約5キロの散策コースになっていますので、花を見ながら散歩をするのもおすすめです。</p>
 
<p>太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりの種は、冬の間の野鳥のえさになります。また、ひまわり油も抽出し、料理やお菓子作りに活用されています。ひまわりの種を香ばしくローストしたクッキーも人気商品です。</p>
 
</body>
</html>

次は6.CSSファイルの新規作成

関連ページ