2.はじめの設定

「イチから学ぶHTML&CSS」講座です。

ファイル名に拡張子

ファイルの種類をあらわす拡張子を表示させます。

たとえば、拡張子を表示していない場合はファイル名「index」ですが、
拡張子を表示すると、ファイル名「index.html」となります。

拡張子の表示方法

任意のフォルダを開き、上部メニューにある「ファイル名拡張子」にチェックをいれます。

文字コードの指定

文字コードとは、パソコンなどコンピュータ上で文字を表示させるときに使用するコードの種類。
これが異なると、ブラウザに表示したときに文字化けという現象が起こります。

ウェブサイトのページは、最近はほとんど「UTF-8」という文字コードを使用しています。
そのため、ファイルを保存する際に「UTF-8」を指定することが必須となります。

文字コードの指定方法

各ソフトで異なりますが、ここでは「メモ帳」での操作を解説します。

「名前をつけて保存」でファイル保存時に右下にありますので、ここを「UTF-8」に切り替えて保存します。
いったん保存すると、次回以降は「UTF-8」の状態で使用できます。

次は3.HTMLファイルの新規作成

関連ページ